外国人と離婚、外国人同士が日本で離婚したい場合。
問題となるのはやはりビザです。
  •  「日本人の配偶者等」で生活していた外国人が日本人と離婚するとビザはどうなる?
  • 「家族滞在」で日本で生活していた外国人が日本で離婚した時のビザは?
  •  「日本人の配偶者等」で生活していたが、永住許可を取った後すぐに離婚した。その後再婚したい。

離婚の手続きの問題
  • 外国人同士で日本で結婚していたが、離婚したい。しかし相手が行方不明。
  • 日本人と離婚したが、財産分与の手続きで困っている。
    「離婚」後のビザ

ケース1<日本人や永住者と離婚したあとのビザ>

離婚したあとは基本的に「日本人の配偶者等」の配偶者ビザで在留することは出来ません。
離婚後6ヶ月以内に、「定住」など他のビザへ変更するか、変更が不可能なら出国するしかありません。
在留期限が残っているからといって何もしないでいると、在留資格「取消し」となったり、
在留資格変更申請でも不利になってしまう可能性は高いです。

ケース2<家族滞在の方の場合>

就労系や留学のビザで在留する外国人の配偶者として「家族滞在」で在留している方は、
上記、<日本人や永住者と離婚したあと>の様に、離婚後6ヶ月以内に行動を起こさなければならない
という訳ではありません。期限までは滞在できます。しかし更新はできないでしょう。
何故なら、配偶者に扶養される事が「家族滞在」の条件だからです。
つまり、離婚後に引き続き在留するには、上記と同様に、ほかの資格への変更するか、
それが出来なければ出国を考えなくてはならないでしょう。

    「離婚」後の手続き

日本で結婚手続きをしていれば、日本人と同様に離婚届を出せば離婚はできます。
ただし、以下の問題がある時は、ご相談下さい。

ケース1<離婚したいが相手が行方不明>
このケースでは離婚届は受理されません。裁判所の手続きが必要です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

ケース2<財産分与等でもめている場合>
離婚は出来るが、離婚協議がまとまらない場合です。離婚協議書の作成や裁判所での調停手続きが
必要になってくる場合です。詳しくはお問い合わせ下さい。
    理解のコツ

まとめますと、日本人や永住者と法律的に結婚(日本でも外国でも構いません)する事。
母国から呼び寄せる場合や、留学など他のビザからの切り替えも可能なビザです。
就労制限が無いので強いビザですが、結婚相手と離婚などすると、このビザで日本に在留して行く事は出来ません。
奥さんなら「主婦」(主夫でも可)。子供なら日本の学校に行くこと前提とした方が望ましいでしょう。
過去に偽装が多くあった事もあり、結婚生活が実際に行われているかが審査の対象となります。
配偶者の収入が低く、仕事の安定性も無い場合は不許可の可能性も高くあります。
過去に犯罪歴のある方でも諦めずにご相談下さい。