投資・経営ビザは「外国人」が日本で事業を起こして「経営」したり、
    企業の「管理者」として働く為のビザです。
多いパターンは以下の様なものです。
外国人が日本で会社を設立して料理店や貿易などを行う。
  • 日本で留学していた人が貿易会社を作った。
  • 日本で技能ビザでコックをしていたが独立したい。
  • 外国にいる外国人に会社を作らせて日本に呼びたい。

「管理者」として人材を海外から呼びたい。
外国人が管理職として「外国人」が作った会社で働く。
  • 貿易会社の営業部長
  • 食品工場の工場長
    投資・経営カテゴリーの要件

要件1
:対象が「外国企業」である事、「外国人」が100%投資して経営を行う場合はOKとなります。
要件2
以下の要件に該当している事
<事務所要件>
事務所を借りる時に、「法人」名義で、事業を行う事が許されていること、住居と完全に独立している事
従事しようとする業務について、本邦の専修学校の専門課程を修了して高度専門士又は専門士の称号を付与された事。

<投資額の要件>
500万円の投資、若しくは500万円の規模で運営される規模を満たすこと。。

要件3
継続性、安定性が見込まれること。つまり、安定性のある事業かどうかです。
    理解のコツ

まとめますと、500万を投資して株式会社を設立すれば、比較的おりやすいビザです。
ただし、500万円を実際に有る程度使う事が重要です。
複数の人数で設立したい場合、相当の規模でないと、全員は許可されえません。
料理店、整体院、ネットショップを用いた貿易業務、勿論上場企業も当てはまります。
「管理者」でこのビザを得る場合、10年の実務経験(大学等の学歴含む)が必要になります。