「配偶者」とは夫、妻など結婚相手の事です。基本的に、日本人と結婚すれば「日本人の配偶者等」、永住者結婚すれば「永住者の配偶者等」というビザが付与されます。
「日本人の配偶者等」と「永住者の配偶者等」
  •  外国人と結婚し、母国から奥さんを呼び一緒に生活したい。
  • 「留学」で日本の大学に通う大学生が日本人と結婚した。
  • 「人文知識・国際業務」で日本で働く外国人が「永住者」と結婚した場合。

子供を呼ぶ(子供もこれらのビザが当てはまる場合があります。)
  • 日本人と結婚して、子供もいて中国で生活していたが、今後日本で生活したい。
  • 永住者と結婚して「永住者の配偶者等」で日本で生活しているが子供が生まれた。
    「配偶者」カテゴリーの要件

要件1
本当の結婚である事。当然ビザ目的の偽装結婚は認められません。

要件2
以下の要件に該当している事
<法律的な婚姻をしている事>
事実婚や婚約中の相手は含みません。
また、子供の場合も実子と特別養子に限られます。つまり養子は含みません。

<偽装で無く実体のある事>
偽装で無いことを根気よく立証していく事が大事です。その為の証拠集めをします。

要件3
扶養される事。つまり、ご主人に安定した収入が無いと、奥さんや子供に許可はおりません。
    理解のコツ

まとめますと、日本人や永住者と法律的に結婚(日本でも外国でも構いません)する事。
母国から呼び寄せる場合や、留学など他のビザからの切り替えも可能なビザです。
就労制限が無いので強いビザですが、結婚相手と離婚などすると、このビザで日本に在留して行く事は出来ません。
奥さんなら「主婦」(主夫でも可)。子供なら日本の学校に行くこと前提とした方が望ましいでしょう。
過去に偽装が多くあった事もあり、結婚生活が実際に行われているかが審査の対象となります。
配偶者の収入が低く、仕事の安定性も無い場合は不許可の可能性も高くあります。
過去に犯罪歴のある方でも諦めずにご相談下さい。