人文知識・国際業務は「人文知識」と「国際業務」に分かれます。
人文知識業務とは以下の様なものです。
(本邦の公私の機関との契約に基づいて行う法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務)
  • 貿易業務
  • 経理・会計業務(会計士等は法律・会計)
  • 企画・管理・運営業務等

国際業務とは以下の様なものです。
(外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務)
  • 通訳・翻訳業務
  • デザイナー
    人文知識カテゴリーの要件

要件1
:本邦の公私の機関との契約に基づいて行う法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務に従事すること
要件2
以下の学歴要件又は実務要件のいずれかに該当している事
<学歴要件>
従事しようとする業務について、これに必要な知識に係る科目を専攻して大学を卒業し、もしくはこれと同等以上の教育を受けたこと又は
従事しようとする業務について、本邦の専修学校の専門課程を修了して高度専門士又は専門士の称号を付与された事。

<実務要件>
従事しようとする業務について10年以上の実務経験により当該知識を習得している事。

要件3
申請人が日本人が従事する場合における報酬と同等額以上の報酬を受けること。
理解のコツ

まとめますと、大学を卒業すれば比較的広い範囲の文系の仕事に就く事が可能です。
ただし、単純労働とみなされる業務には就く事はできません。
大卒以外では、専門学校等がありますが、これらは学校での専攻とこれから就職する仕事の
内容が合っていないと難しくなります。
大学、専門学校いずれも出ていない場合は、10年の実務経験が必要になります。